MESSAGE

ヨコハマ海洋環境みらい都市研究会(UDC-SEA)は全国のUrban Design Centerの一環として2015年11月に発足し、ボランティアで参加する多数の横浜市職員とともに地域活動を担う学外関係者と連携し、@生態、Aまちづくり、B再生可能エネルギー、Cヨコハマ海洋市民大学の4分科会を設けて学生も参加した活動を続けている。全国のUDCネットワークと連携、活用し、環境未来都市および海洋都市を標榜する横浜市への政策提言を目指す。本ユニットはその学内拠点として、各分科会間の交流の日常化とともに、海センターを通じ産官学連携の海洋都市横浜うみ協議会うみ博)との連携を図ります。

GALLERY

連携研究

  • UDCイニシアチブ

  • 環境未来都市横浜

  • 海洋都市ヨコハマ

  • UDC-SEA

  • 2017うみ博

PROJECT

統合的海洋教育・研究センターおよび海洋利用研究会の資産と成果を発展させる。

ブルーカーボン研究機構、ブルーカーボン研究会と連携を図る。

国際みなとまち大学リーグ(PUL)と連携する。

国連海洋会議サイドイベントなど国際会議におけるブルーエコノミーの諸活動との連携を図る。

ブルーエコノミー研究コンソーシアム(仮称)の設立に努める。

UNESCO MAB計画およびIOCとの連携を図る。

発足メンバー

松田裕之 (環境情報研究院)、
野原卓(都市イノベーション)
吉田聡(都市イノベーション)
中村由行(都市イノベーション・海センター)
信時正人(都市イノベーション)
学外協力者: 秋元康幸(横浜市)

LAB

  • 〒240‐0067
    神奈川県横浜市保土ヶ谷区常盤台79−7
    環境情報4号棟 松田研究室内

    TEL 045-339-4362

    受付時間 10:00?16:00

    ※都合により休業する場合がございます