English top
私の研究
業績目録 書籍紹介
お勧め著者 
ゼミ 講義
新人募集
交通案内
略歴 委員
公開書簡(旧)
私の主張
在庫資料など
ResearchMap
科研費サイト
ReaD

報道関係の方へ
リンク
更新履歴
MiLAi(S-14)
UDS-SEA
DEEPS
>統合的海洋教育・研究センター
G-COE日本生態学会 JSFS 水産資源・海域環境保全研究会 ユネスコ「人間と生物圏」計画 地域環境学ネットワーク PewMarineConservationFellow Yakushima World HeritageCensus of Marine Life
松田家の家紋です
Yokohama National University (official logo)Welcome to MATSUDA Hiroyuki's Home Page English site 
横浜国大交通案内(便利に)
横浜国立大学 生態リスク研究室
環境情報研究院・自然環境と情報部門環境生態学分野 (旧MNM研究室)
環境情報学府自然環境専攻(旧:環境リスクマネジメント専攻)
(新)都市科学部 環境リスク共生学科 院生・学生募集
(旧)理工学部 建築都市・環境系学科(地球生態学EP
〒240-8501 横浜市保土ヶ谷区常盤台79-7
tel 045-339-4362, fax -4368, email: matsuda-hiroyuki-vjynu.ac.jp
兼任:統合的海洋教育・研究センター
高知大学総合人間自然科学研究科 黒潮圏総合科学専攻 客員教授
日本生態学会 生態系管理委
個体群生態学会 会長
 日本海洋政策学会 理事 学術委員 研究課題
 アースウォッチジャパン 理事
IGES国際生態学センター 運営委員
UDC-SEA ヨコハマ海洋環境みらい都市研究室
水産資源・海域環境保全研究会 FB
日本MAB計画委員会
YNU研究拠点地域環境知JST-Ristex
Pew Marine Conservation Fellow
朝日新聞最新 1/18 沖永良部島タイワンキンギョ
CREST海洋生態系領域アドバイザー
   Sustainable Living with Environmental Risks  
 リンク,PD,院生(社会人を含む博士・修士課程),アルバイト募集
講演などの予定 Recent articles by lab members (see for all articles)
4/26 管理目標の重要性: 研究集会「管理目標を見据えた我が国の新しい資源評価と管理」, 東京大学大気海洋研究所
3/x 変動するクロマグロ資源における漁獲割当とその取引制度の検討: 日本水産学会春季大会, 東京海洋大学
3/17 クロマグロの漁獲枠配分の問題点。非定常な資源をどう配分するか: 生態学会大会自由集会I「野生生物の管理ユニットと行政単位のギャップ」, 札幌
3/15: Optimal fishing season and age of Pacific bluefin tuna, 日本生態学会札幌大会一般講演J
3/12 海底資源探査の海洋環境影響評価: 日本鉱業協会「休廃止鉱山における環境管理勉強会」.栄養会館
2/16 生態系ベースの海洋空間計画: ワークショップ「日本の海洋空間計画に向けた課題」, 東京大学海洋アライアンス
[A123] Oita A, Nagano I, Matsuda H (in press) Nitrogen footprint of food consumption reduced by balanced Japanese diet. Ambio (Springer)DOI:10.1007/s13280-017-0944-4
[A122] Hossain A, Nakamichi T, Tani K, Masunaga S, Matsuda H (2017/9) Occurrence, distribution and ecological risks of antibiotics in freshwater finfish and brackish water shellfish aquaculture in Bangladesh. Chemosphere 188: 329-336.
[A121] Nishijima S, Furukawa T, Kadoya T, Ishihama F, Kastner T, Matsuda H, Kaneko N (2016/7) Evaluating the impacts of wood production and trade on bird extinction risks. Ecological Indicators 71: 368-376
 最近の行事 業績  最近の著書論文など(和文)Web RONZA
12/22 ブルーカーボンと横浜市の取り組み: 横浜国立大学ヨコエコ・セミナー,横浜国大宮脇昭メモリアルルーム
12/14 「ヨコハマ海洋環境みらい都市研究室」について: 横浜国立大学地域連携推進機構Next Urban Lab Workshop
12/4: 生物資源の10年とこれから:クロマグロとブルーエコノミー: 横浜国立大学海センターシンポジウム「海のこれまでの10年、これから」, 開港記念館
[C26] 柴田由紀枝・松田裕之・吉田公一・中村由行 (2017/12) 生物多様性に配慮する持続可能な海底資源調査・開発のための海洋環境影響評価方法の検討. 日本海洋政策学会誌. 7:124-132.
[J21] 松田裕之(2017/8)辻和希編「もっとも基礎的なことがもっとも役に立つ」(海游舎)書評. 個体群生態学会会報, 74: 28-30
[K69] 中井孝子(2017/6)自然は使って守るもの, 地球元気村85:3-7
科学の扉(過去の研究 私の地縁 北海道屋久島高山村滋賀知床石垣 社会の絆 公開書簡過去)(英語) 生物多様性風力発電
業績目録 著書 略歴 主な委員 研究室紹介 環境生態ゼミ 講義 報道関係の方へ 講演録海外) 生物科学
科学研究費等プロジェクト●(努力配分)  PD募集(2名) 院生募集 新人募集アルバイト募集 入試情報
日本生態学会 日本数理生物学会 個体群生態学会 日本水産学会

私の研究姿勢
(1):さまざまな環境問題の具体的な解を求める社会に明確な科学的判断材料を与えること
(2):さまざまな生態現象の意外性を解明する皆が信じないような現象の理論的根拠を探ること

研究活動

 生態リスク学

水産資源学・海洋管理学

環境科学

風力発電と鳥衝突NEDO事業(EIA迅速化と順応的管理
リ鳥衝突リスク評価モデル(あわら北潟風力発電所 環境省手引
個体群リスク管理モデル(AMUSE 宗谷岬
統合的海洋管理
横浜国立大学海センタ-の取り組み (海洋政策本部資料
SIP「海の資源開発の国際標準
海洋保全生態学」(講談社)
海洋生物多様性保全戦略海
国連本部での発表 2006
福島第一原発の被曝リスク
気候変動と生態系サービス

環境省S-14「気候変動の緩和策と適応策の統合的戦略研究

三井物産環境基金研究助成(代表者:大塚直) 持続可能性とWell-Being―4種の資本概念とその限界(2014-16)
 順応的野生動物管理
北海道エゾシカ管理
渡島ヒグマ管理計画リ
滋賀県カワウ被害対策事業リ
トド ゼニガタアザラシ
ユネスコMAB計画と世界遺産   Future Earth
JST Ristex「貧困条件下の自然資源管理」
Transdisciplinary課題研究(佐藤哲)

Open Network for Future Earth
シンポジウム2013.4.23
Pew Fellow Meeting 2013.10.18
科研費萌芽2013
環境科学と国際条約. 京大生態研ニュース122.5.(2013)
日本生態学会長退任挨拶2014.1.6
水産資源管理 環境負荷指標 環境省推進費S9 Biofootprint

絶滅リスク評価 Chemosphere生物多様性Footprint
ゼ生態フットプリント Biocity
窒素フットプリント
生物多様性総合評価
リ亜鉛の生態リスク
 環境生態学序説 ゼゼロからわかる生態学 リ生態リスク学入門 海海の保全生態学に紹介済み -Go back top

自己紹介
松田裕之 1957年福岡県生まれ。1980年京都大学理学部卒業、1985年に同大学院生物物理学専攻博士課程卒業(理学博士)、1985年日本医科大 学(86年助手)、1989年水産庁中央水産研究所(90年主任研究官)、1993年九州大学理学部助教授、1996年東京大学海洋研究所助教授, 2003年横浜国立大学大学院教授,現在に至る。
主な訳書に『つきあい方の科学』(HBJ出版局/ミネルヴァ書房)、著書に『死の科学』(共著、光文社)『「共生」とは何か』(現代書館)、『環境生態学序説』(単著、共立出版)、『ゼロからわかる生態学』(単著、共立出版)、『生態リスク学入門』(単著、共立出版)、『なぜ生態系を守るのか』(単著、NTT出版)、『海の保全生態学』(単著、東大出版)など。専門は生態リスク学,数理生物学,水産資源学、海洋政策学

主な所属学会(2015.8現在)
日本生態学会元会長) 和文誌
海洋政策研究学会(理事、学術委員)
個体群生態学会(副会長)
日本哺乳類学会 (シカ部会 サル部会)
自然環境復元学会
日本水産学会
日本数理生物学会
日本水産海洋学会
環境科学会 雑誌
日本リスク研究学会
生物科学 編集委員

主な委員 主な著書


  -Go back top